サンプルサイト

子育て支援パスポートの使い方

子育てを支援する地域の取り組みとして挙げることのできるものとして、授乳やおむつ交換場所の提供、ミルクのお湯の提供、トイレにベビーキープの設置、ベビーカーの入店可能化などがあります。これらは地域によって取り組み方も異なりますが、基本的には協力する店舗などは増加傾向にあります。一方で、子育て支援パスポートを持っているからこそ受けることのできるサービスにも注目です。例えば、パスポートの提示で10%オフなどの割引をする店舗や、入場料が割引される施設、何かのプレゼントを用意している店舗もあれば、子供に対して飲み物などの無償配布をしている店舗もあります。もし論サービスの差は店舗によって異なりますので、地元のお店で特に力を入れている店舗を探してみるのも良いでしょう。

また、子育て支援パスポートは18歳未満の子供がいるすべての家庭で利用できるようになっているので、それほど小さい子供がいるわけではなくても利用することは可能です。持っていて損することのないカードですし、全国的に利用できますので旅先でも役に立つかもしれません。もちろん入手自体も無料ですので、該当するご家庭の方は気軽に入手することができるでしょう。